CJBBF 男子ボディビル ルール

チェックイン - プレジャージング
 

• 競技者はチェックイン時に、体重を計ります

使用する音楽は、登録・計量時に提出すること

 

ポージングスーツ (衣装)

 

• ボディビルポージングスーツに限る
• スーツボトムはすべてV字型でなければなりません。

• 予選と決勝で男子競技者が着用するスーツは、フリンジ、ギラギラ輝く色、または蛍光灯ではない色で明白でなければならない。
• 午前の予備審査でチェックインの際、確認されます。
• 競技者は背中をハイキングしたり、前後スプレッド中に両サイドのスーツを引き上げたりして、ポーズスーツのフィット感をする行為はできません。

 

ポーズのミュージック
 

• ポーズミュージックはファイナルで使用されます。60秒
• ポーズミュージックはCDに収録してください。CDにはその音楽1つだけのにしてください
• ポーズミュージックは音楽の始まりに合わせる必要があります。
• ポーズミュージックの音楽には下品な歌詞が含まれていてはいけません。 下品な歌詞を含む 音楽を使用する競技者は失格となる。

ステージ上
 

• 予選中に、競技者は結婚指輪以外のジュエリーを着用することはできません。 髪の装飾も禁止です。
• ステージ上に眼鏡、小道具、またはガムは許可されていません。
•「ムーンポーズ」を行っている競技者は失格となります。
• 床に横たわることは禁止です。
• ぶつかったり、押しあったりすることは禁止です、それらの行為が発覚場合 関係する第1者と第2者は失格とみなされます
• 競技者の番号は、スーツの左側につけます。

 

 

競技者の健康
 

• 軽い混乱、過度のけいれんを経験していると思われる競技者は、競争することはできません。
• 健康上の理由から不適格となった競技者はEMTによって確認されなければならず、EMTからアドバイスを受けた場合、最寄りの病院に行く必要があります。
• EMTまたは病院での評価を拒否した競技者は、発生日から1年間参加はできません。

CJBBF 男子ボディビル クラス別 (カテゴリー)

① ライト級 - 154¼まで、

② ミドル級 - 154¼〜176¼

③ ライトヘビー級 - 176¼〜198¼

④ ヘビー級 - 198¼以上

ポジショニング ラウンド (予備審査)

 

審判員は、サイズ、対称性、筋肉質のバランスであるNPC「トータルパッケージ」に従って競技者をスコアリングします。

リラックス ラウンド
• 足を平らに保つ

• 両かかとをつけ保つ

• 両脇に腕を保つ

• 体をくねらさない

• 頭は足先と同じ方向に向ける

個人ラウンド


• 準備ができたら開始します - ヘッドジャッジからのサインはありません。

• 最大で30秒、残りが10秒になると警告します

• 30秒すべてを使用する義務はありません。

• 床に横たわることはできません。

指示ラウンド (規定ポーズ)

 

① フロント ダブルバイセプス

② フロント ラットスプレッド

③ サイド チェスト

④ サイド トライセプス

⑤ バック ダブルバイセプス

⑥ バック ラットスプレッド

⑦ アブドミナル アンド サイ (脚) 

⑧ モーストマスキュラー 最筋肉質

競技者は、CJBBF議長からの適切な承認を得て、他に参加可能になります.

SINCE 1998

CJBBF CENTRAL JAPAN BODYBUILDING FEDERATION®, CJBBF  Central Japan Bodybuilding Federation logo are trademarks owned by the CJBBF Central Japan Bodybuilding Federation.